千葉県の葬儀事情

千葉県の葬儀事情

千葉では葬儀のスタイルが地域によって異なっています。

千葉市周辺などの大都市では、全国的に見て最も多い「後火葬」が一般的です。
これは、通夜・葬儀の後に火葬場で荼毘に伏すというものです。

これに対して千葉の館山市などの房総地域では、通夜の翌朝に火葬をし、その火葬後に葬儀を行う「前火葬」という形の方が一般的です。
また、この前火葬では葬儀の当日に納骨まで済ませます。
全国的には49日をめどに納骨を行うことが多いので、これは非常に珍しい形です。

千葉の葬儀では、都市部と農村部で大きくスタイルが異なり、都市部ではホールなどを使ったものが一般的ですが、農村部では自宅や公民館などを用い、隣近所の人が準備や式を手伝います。

農村部等は寺院とのつながりも強く、昔ながらのスタイルが残っているところがまだまだ多いのです。
ただ、最近は都市部以外でも合理化が進んでおり、房総地域でも専門のホールや会館を使用したり、後火葬を行うことも増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です